薄毛治療の最新技術はこんなにスゴイ

多くの男性は自分が薄毛を発症するとスカルプシャンプーや育毛剤などを使用して自己ケアを続けてしまうもの。しかしもしもその自己ケアの方法が間違っていたり、他に大きな原因があって薄毛を発症している場合だと一向に効果が得られないどころか、薄毛治療にとって重要な初期治療の機会を逃してしまうことにもなりかねません。こういった事態を招かないためにも、専門の医療機関を受診して適切な薄毛治療を受けることは欠かせないものです。とりわけagaなどの病気を発症している際には飲み薬や塗り薬などを処方して治療が続けられることになりますが、この他にも最新技術を用いた様々な治療法が提供されています。それでは具体的にはどのような治療を受けることができるのでしょうか。

成長因子や栄養分を混ぜ合わせた薬剤を頭皮に注射する手法とは?

薄毛医療には様々な最新技術を用いた手法が存在する中で、注目を集めているのがこの注射による治療法です。通常であれば飲み薬や塗り薬を使って治療を続けるところですが、それだと効果が出るまでに数ヶ月から半年、長い場合は1年ほどの期間が必要となるケースも少なくありません。その点、この注射を用いた治療法では、発毛のために必要な成長因子と毛母細胞の細胞分裂を促進するための栄養分を混ぜ合わせた薬剤を薄毛部分に適切に注入していきます。こうすることで頭皮に直接作用をもたらすことができますし、その発毛や育毛効果に関しても即効性の高さを実感することが可能となります。さらにこの注射においても、その薬剤の内容によって治療費や発毛効果も大きく異なるのが実状です。自分がどの種類の治療法を望むのか医師のアドバイスなども加えてしっかりと考慮した上で結論を出すと良いでしょう。

最新式の自毛植毛ではロボットを用いて施術を実施する

さらに薄毛治療の代表的な手法として注目を集めているのが自毛植毛です。これは自らの健康的な頭髪を毛根から丁寧に掘り起こして採取し、これを薄毛部分に小さな穴を空けた上で植毛して定着させていくというものです。もともとこの施術は、どれが植毛に適した頭髪なのかを選択することが重要になってくることから医師の経験とスキルが問われる施術と言われてきました。しかし最近では専用ロボットを用いてどれが植毛に適した頭髪なのかを自動選別して採取することができるようになってきています。またこれらの機器を活用すると頭髪を採取する際や植毛する際に感じる痛みなども最小限に抑えることが可能となるので、施術を受ける側にとっても負担やストレスを軽減することができます。さらにきちんと選び抜かれた頭髪を植え込むこともあって定着率も高まり、薄毛だったところに新しい頭髪を育てていくことが可能となるのです。