誕生日の横断幕のデザインの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誕生日の横断幕を作るときに、最も気になるのはデザインです。スポーツ観戦やコンサートの場合は、メッセージが効果的にようにデザインも配慮しなければなりません。幕の中に多くの文字を入れるとたくさんの言葉を贈ることが出来ますが、大きさとのバランスによっては何が書いてあるのか分からなくなってしまいます。ターゲットから見てどのくらいの距離になるのかも重要なので、会場の広さも考えなければなりません。バスケットボールのように近距離であれば小さめの文字でも十分に認識してもらえます。逆に大きすぎて見えにくい場合もあるので、距離感は思った以上に重要です。

デザインをするときのコツ

横断幕はやはり目立つデザインがよいです。特に室内に関しては華やかでいろいろなカラーを使ったものが多いです。選手の名前やグループのコンサートの場合は応援したい人の名前を入れるのが一般的です。最近は印刷技術が上がり、イラストや写真を入れることまでできるようになり凝ったデザインも多いです。屋外の場合はターゲットまでの距離が遠くなるため、細かいデザインよりもシンプルなデザインの方が向いています。写真などよりもわかりやすい字体でメッセージを伝える方が効果的です。屋外は汚れやすいので鮮やかな色味を選んだ方が良いです。実績のある業者は、どこでどのように使用するのかによって最適なデザインを知っているので、アドバイスしてくれるところを選ぶと良いです。インターネットでのやりとりが可能になったためデザインの確認が出来ます。また、当初のデザインに追加したいメッセージがあれば対応してくれるところもあります。

誕生日のお祝いデザインの中でもフォントは重要

手作りの場合では、なかなか上手くいかないのがフォントです。同じメッセージでもフォントによってイメージが違ってきます。女性向けのフォントなら少しエレガントに、男性向けならガツンと力強いフォントが適しています。業者にお願いすると、さまざまなフォントを選ぶことが出来ます。場所やメッセージ、ターゲットに合わせてフォントを選んでくれるので全体的なまとまりがとても良くなります。写真を入れた場合は、その写真のイメージと合ったフォントを選んでくれます。文字に縁取りをしたり、影を付け背景に模様やグラデーションを付けることも可能です。目立ちたいと何でもカラフルにしすぎてしまうと、まとまりがなくなってしまいますが、業者なら全ての条件を理解した上でデザインしてくれるので安心です。