誕生日の横断幕の生地の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生地は、布素材やポリエステル、ビニールなどいろいろあります。選ぶポイントは屋内か屋外なのかで選ぶことがほとんどです。価格にも多少の違いがあるので予算から検討する方法もあるでしょう。一般的には屋内であれば布地で大丈夫ですが、屋外の場合は雨の心配や耐久性を考えてポリエステル繊維を合成樹脂フィルムで包んでいるビニール素材を利用すると良いです。生地の選び方によって印刷方法も変わってきます。インターネットで注文する場合は素材の確認をすることができないので迷ってしまうでしょう。そのときは生地のサンプルを送ってくれる親切な業者もいるので、対応しているところを選ぶと良いです。

生地によって違う出力方法

出力方法も様々あります。写真などを含めた細かいデザインでも出力できるのが水性インクジェット出力です。長時間屋外で使用するのに適しているのが、油性インクジェット方式です。更に耐久性に優れているのがポリエステル布地をインクで染め抜く昇華プリント方式があります。バスケットボールやフィギュアスケートなどの室内での応援の場合は布地に水性インクジェット出力で十分です。また友人や家族のための誕生日会を室内で行う場合もこの方法で大丈夫です。サッカーやラグビーの場合は外で行われ、よほどのことがない限り雨の中でも試合を行います。そのため雨が降った時のことを考慮するべきです。昇華プリント方式は耐久性は高いですが生地が布地なってしまうので、その点は考えるべきでしょう。野球やコンサートは屋外なのか屋内なのか会場によって検討すると良いでしょう。お気に入りの選手の誕生日の試合会場はアナウンスされているはずなので、確認してから選ぶべきです。

値段や保存方法も考える

横断幕を作るときにリーズナブルに仕上げたいのならば、ポリエステルの布生地に水性インクジェット出力です。風雨の心配のない室内ならば特に費用をかけなくても大丈夫です。しかし、豪華でインパクトのある横断幕をつくって目立ちたい場合はそれなりの生地を選ぶ必要があります。ターポリンという生地があり、水に強く耐久性が高く外で使用するときにはとても便利な素材です。写真を入れるなどの細かいデザインが可能で屋内で利用することも増えています。しかし、折りたたんで保管しておくとくっついてしまうため丸めておかなければなりません。お誕生日のお祝いメッセージ入りの場合は次に使用するのが1年後となるため保管には十分気をつける必要があります。