誕生日の横断幕のデザインの選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誕生日の横断幕を作るときに、最も気になるのはデザインです。スポーツ観戦やコンサートの場合は、メッセージが効果的にようにデザインも配慮しなければなりません。幕の中に多くの文字を入れるとたくさんの言葉を贈ることが出来ますが、大きさとのバランスによっては何が書いてあるのか分からなくなってしまいます。ターゲットから見てどのくらいの距離になるのかも重要なので、会場の広さも考えなければなりません。バスケットボールのように近距離であれば小さめの文字でも十分に認識してもらえます。逆に大きすぎて見えにくい場合もあるので、距離感は思った以上に重要です。

デザインをするときのコツ

横断幕はやはり目立つデザインがよいです。特に室内に関しては華やかでいろいろなカラーを使ったものが多いです。選手の名前やグループのコンサートの場合は応援したい人の名前を入れるのが一般的です。最近は印刷技術が上がり、イラストや写真を入れることまでできるようになり凝ったデザインも多いです。屋外の場合はターゲットまでの距離が遠くなるため、細かいデザインよりもシンプルなデザインの方が向いています。写真などよりもわかりやすい字体でメッセージを伝える方が効果的です。屋外は汚れやすいので鮮やかな色味を選んだ方が良いです。実績のある業者は、どこでどのように使用するのかによって最適なデザインを知っているので、アドバイスしてくれるところを選ぶと良いです。インターネットでのやりとりが可能になったためデザインの確認が出来ます。また、当初のデザインに追加したいメッセージがあれば対応してくれるところもあります。

誕生日のお祝いデザインの中でもフォントは重要

手作りの場合では、なかなか上手くいかないのがフォントです。同じメッセージでもフォントによってイメージが違ってきます。女性向けのフォントなら少しエレガントに、男性向けならガツンと力強いフォントが適しています。業者にお願いすると、さまざまなフォントを選ぶことが出来ます。場所やメッセージ、ターゲットに合わせてフォントを選んでくれるので全体的なまとまりがとても良くなります。写真を入れた場合は、その写真のイメージと合ったフォントを選んでくれます。文字に縁取りをしたり、影を付け背景に模様やグラデーションを付けることも可能です。目立ちたいと何でもカラフルにしすぎてしまうと、まとまりがなくなってしまいますが、業者なら全ての条件を理解した上でデザインしてくれるので安心です。

誕生日の横断幕の生地の選び方
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生地は、布素材やポリエステル、ビニールなどいろいろあります。選ぶポイントは屋内か屋外なのかで選ぶことがほとんどです。価格にも多少の違いがあるので予算から検討する方法もあるでしょう。一般的には屋内であれば布地で大丈夫ですが、屋外の場合は雨の心配や耐久性を考えてポリエステル繊維を合成樹脂フィルムで包んでいるビニール素材を利用すると良いです。生地の選び方によって印刷方法も変わってきます。インターネットで注文する場合は素材の確認をすることができないので迷ってしまうでしょう。そのときは生地のサンプルを送ってくれる親切な業者もいるので、対応しているところを選ぶと良いです。

生地によって違う出力方法

出力方法も様々あります。写真などを含めた細かいデザインでも出力できるのが水性インクジェット出力です。長時間屋外で使用するのに適しているのが、油性インクジェット方式です。更に耐久性に優れているのがポリエステル布地をインクで染め抜く昇華プリント方式があります。バスケットボールやフィギュアスケートなどの室内での応援の場合は布地に水性インクジェット出力で十分です。また友人や家族のための誕生日会を室内で行う場合もこの方法で大丈夫です。サッカーやラグビーの場合は外で行われ、よほどのことがない限り雨の中でも試合を行います。そのため雨が降った時のことを考慮するべきです。昇華プリント方式は耐久性は高いですが生地が布地なってしまうので、その点は考えるべきでしょう。野球やコンサートは屋外なのか屋内なのか会場によって検討すると良いでしょう。お気に入りの選手の誕生日の試合会場はアナウンスされているはずなので、確認してから選ぶべきです。

値段や保存方法も考える

横断幕を作るときにリーズナブルに仕上げたいのならば、ポリエステルの布生地に水性インクジェット出力です。風雨の心配のない室内ならば特に費用をかけなくても大丈夫です。しかし、豪華でインパクトのある横断幕をつくって目立ちたい場合はそれなりの生地を選ぶ必要があります。ターポリンという生地があり、水に強く耐久性が高く外で使用するときにはとても便利な素材です。写真を入れるなどの細かいデザインが可能で屋内で利用することも増えています。しかし、折りたたんで保管しておくとくっついてしまうため丸めておかなければなりません。お誕生日のお祝いメッセージ入りの場合は次に使用するのが1年後となるため保管には十分気をつける必要があります。

業者にお願いするときのポイントは?誕生日の横断幕
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横断幕を作成することを業者にお願いすることを決めたら、さまざまなことを選ばなければなりません。納品されるまでの日数は全てを決めてデータを入稿してから、一週間ほどかかると考えられます。当日に間に合わうように早めに選択しましょう。まずはサイズを選びます。サイズによってメッセージの内容やデザインは大きく変わってきます。会場やイベント内容によって横断幕のサイズなどにルールがある場合があります。また、大きな物に関しては事前に許可が必要なことがあるのでまずはそれを確認します。プロ野球の場合は個人で大型の横断幕の使用はできません。小さい物なら可能ですがそれにもサイズの規定があるので必ず確認します。

サイズ以外にもルールがある

サイズ以外にも横断幕の使用にはルールがあります。例えば競馬で、馬や騎手などの誕生日がレースとかさなった場合には特別な応援したいと思うでしょう。そのときに大きなメッセージはインパクトがあります。しかし、競馬の場合は紙製の物やテープを使用することが禁止されています。風で飛ばされてしまったとき競技の妨げとなると考えられているためです。競馬以外でも会場によってメッセージの言葉やサイズも規定があるところが多いです。更に横断幕の使用が許可された場合でも、ガムテープは後が残るなど理由でマスキングテープで止めなければならないなど条件が設けられていたりします。細かいところまでチェックしておかないとせっかく作った応援メッセージを届けることが出来なくなってしまいます。

誕生日の横断幕に必要な加工を確認する

横断幕を実際に広げて使用するときは様々な加工が必要です。例えばロープが通せるようにハトメ加工が必要です。小さいサイズなら四つ角のみで大丈夫ですが、大きいサイズはそれだけでは足りず、布地ならだいたい90cm間隔、ターポリンなら60cm間隔で必要です。また、外で風に吹かれてしまうと横断幕がまくれ上がってしまったりしてメッセージが読めなくなったしまったり、まわりの人に迷惑をかけてしまいます。そのために左右や上下を袋縫いにして棒やパイプなどを通せるようにする袋加工があります。通すもののサイズによって袋の幅を希望できるところもあります。広い幅に細いものを通すと長時間となると使いにくかったりするので、なるべくサイズを合わせた方が良いです。このような加工作業をプロの業者なら行ってくれるのですが、無料で行ってくれるところと別料金のところがあるので最初に確認した方が良いです。

誕生日の横断幕を作る方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以前は幕に手書きで文字を書いていたのですが、現在では簡単に業者に頼むことが出来ます。手書きの場合は暖かみがありオリジナル感があふれています。費用も安く済み思い通りのメッセージを書き込むことが出来ます。数名で作るときはそれぞれの文字や絵を描き込むなどすれば、全員で作ったという一体感があり応援にも一層力が入ります。しかし、大きく広げた状態でデザインしていかないと、バランスが悪くなり失敗してしまう可能性もあります。広い作業場が必要になりますが、そのような場所がなかなかないという問題点があります。また、業者に頼んだ物と比べ、完成度が低くなってしまうことは否めません。

誕生日の横断幕を業者に頼む

最近ではスポーツ観戦を筆頭に横断幕を使用する機会が増えたため多くの業者が存在します。手作りの物と比べるとやはり仕上がりは綺麗です。金額も思ったよりリーズナブルで、スピーディーな対応をしてくれるところもあります。オリジナリティーには欠けますが、すでにデザインができあがっている物もあるので、突然思い立って準備しようと思ったときには既製品の中から選ぶことも出来ます。オーダーメイドをお願いする場合でも、データを入稿してから一週間以内で届けてくれるところもあります。特にスポーツのチームのロゴなどは自分で書くとバランスがとりにくく正規のものと違いが出てしまったりしますが、業者にお願いするとそのようなことがないので納得のいく仕上がりとなります。

手作り品と業者にお願いしたものとの違い

手作り品はオリジナリティがあり、自分で作成したことで愛着があります。安価に済ませることが出来ますが、失敗してしまったりすると余計な出費が重なり業者に頼んだ方が安かったということも起こってしまいます。不安があるのならプロにお願いした方が賢明です。横断幕に入れるメッセージには気を配る必要があり、特にスポーツ選手の応援にはどのような言葉を入れるのかは重要です。誕生日の日にはお誕生日おめでとうと入れるのはもちろんですが、それだけではなく選手がモチベーションが上がるメッセージも同時に届けたいものです。そのときにぴったりの言葉を大きさなどを考慮してデザインしてくれます。アイドルの誕生祭やコンサートなども同様で、お祝いメッセージにプラスして思いを届ける言葉を決まった大きさの中で選ぶことは以外と難しいものです。言葉によってはバランスを崩してしまったり、会場で思ったより小さく見えにくかったりといったことが起こります。誕生日をお祝いしたい気持ちが届くように、少しでも不安要素があるならプロにおねがいすることをおすすめします。